投資信託に関係する4つの会社

投資信託に関係する4つの会社
web-kafa.com

投資信託に関係する4つの会社

投資信託の仕組みについてですが、まずは主に4つの会社が関係していることを覚えておきましょう。

【販売会社(証券会社・銀行等金融機関)】
運用会社と契約してから投資信託の販売を行います。
依頼した私たちが購入した後に、分配金・償還金の支払いと換金業務を担当してくれる会社です。

【運用会社(委託者)】
運用会社とは、ファンドマネージャーから支持を受ける会社です。
ファンドマネージャーの調査に基づき、運用の指示を出していきます。

【受託会社(受託者)】
販売会社から引き渡された資金を信託財産として管理し、また保管します。
簡単に言えば、計算の事務を行ってくれる会社です。
信託財産の名義人になるのもこの受託会社になります。
信託銀行がこれらの業務を行ってくれますよ。

【投資家(受益者)】
これは私たちのこと。
投資信託を購入された人のことを指します。

これが投資信託をする際に関係する会社です。
もし、依頼した運用会社が倒産したとしても投資家の資産は保護されます。
投資信託はこの点でもリスクが低く、安心できる投資方法だと言えるのではないでしょうか。

様々な種類の投資信託投資信託の最低限の基礎知識

copyright(C)やさしい投資信託講座